津波避難用救命カプセル
サバイバルカプセル



























検証試験

カプセルの開発に当たって、様々な検証試験を実施いたしました。その一部をご紹介いたします。
落下試験 高さ3mからの落下でも、衝突箇所に凹みが生じただけで、外殻やフレームに深刻な破損は生じませんでした。(右の写真は落下試験の様子)
貫通試験 時速24qで鉄筋を衝突させても、衝突箇所に凹みが生じただけで、鉄筋が外殻を貫通することはありませんでした。(右の写真は貫通試験で外殻にできた凹み)
圧縮試験 18tの荷重をかけてもカプセルは変形しませんでした。(写真は圧縮試験と歪み測定の様子)
加熱試験 600℃のガスバーナー7台で15分間連続して加熱しました。内部の温度は加熱終了後に最高温度の50℃に達しました。(下の結果のグラフを参照、右の写真は加熱試験の様子)
加熱試験の結果


10人乗りサバイバルカプセル
2人乗りのパーソナルタイプに加え、10人乗りのタイプを開発しました。学校や会社、病院など公共施設への装備をご提案いたします。










Copyright © 2014 Toho Mercantile Co., LTD. All Rights Reserved.